2006年09月23日

31年振りの つま恋だったんだね〜

banner_04.gif

今朝は、妻が点けていたNHKのニュースで目が覚めました。

拓郎とかぐや姫が

31年振りに

あの伝説のつま恋で

本日コンサート

知らなんだがく〜(落胆した顔)


前回のユーミンの所でも書いていますが
その頃の僕は
BEATLSに傾倒していて
日本人の歌う曲など・・・

馬鹿にする傾向にあった愚か者だったので
拓郎を知らないんですね〜
不幸にも

それで、陽水もキャロルの矢沢も・・・
知らなかった・・・

拓郎に対しては、反感すら持っていたのでした。
髪が肩まで伸びたら、結婚しようよ。だ〜〜
なんじゃい、それは
腑抜けが!!!
みたいな
(ジョンなどは、乳首まで髪伸びてたし、洋子とね〜BED IN 世界中に流してたのにね〜どっちが、腑抜けじゃ〜みたいな。ホント、ガキって、こんなもんですよね)

しかも
浅田美代子と結婚、離婚し
森下愛子と再婚!!
浅田美代子は、ともかくとして
森下愛子・・・くーーーっ
拓郎許すまじ・・・
だったのですよ
当時の僕は


それだけに、拓郎は
30過ぎてもほとんど聴かないで過ごしてきました。

そんな僕が
生の拓郎を目にしたのが
1994年の「日本をすくえ’94」(日本武道館)でした。

これも拓郎を見に行ったんじゃないんですよ
学部は違えど同じ大学の先輩、小田和正が
チャリティコンサートを泉谷しげるとやるっていうんで、行ったのですよ
妻と二人で

(その頃、応援していた稲垣潤一君も出てて、嬉しかったりもしました。
正やんの曲・・・なんだったか忘れたけど、正やんより上手かった)

それは、さておき
びっくりしたのが
拓郎が照れながら出てきたときの
聴衆の盛り上がり

僕は圧倒されましたね
周りの興奮状態に
会場にいるほとんどが
拓郎を見に来ているのかと
思うほどでしたよ


何を歌っていたのか
もともとよく知らないこともあって覚えていないのですが
大合唱でしたよ
お客さんとステージ共に

取り残されましたね
妻と二人で
ポツンと
何しに来たんじゃ、お前ら・・・状態でしたよ
正に


次の日
とりあえず
拓郎のBEST

買いましたね

それで、またまた、ビックリですよ
「襟裳岬」と「よろしく哀愁」の作曲してるじゃない・・・拓郎

カラオケでの僕の十八番なんですがね・・・

それまで、一度も気付かなかった僕は
アホです

でもね
拓郎フアンには申し訳ないですが
「襟裳岬」は
やっぱり、森進一の「襟裳岬」だし

「よろしく哀愁」は
やっぱり、郷ひろみの「よろしく哀愁」なのですよ
僕にとっては
未だに

そんな
僕は、BESTの中で
「落陽 」が
とっても気に入り
おかげさまで
カラオケでの十八番の一つになりました。



それから、数年の間
拓郎が
TVに露出するようになりましたよね

BSのフォーク大全集
進行の坂崎君と拓郎が浴衣でギター抱えて
「線香花火」
嬉しくって
じ〜〜〜んと来ましたよ

それから
キンキ
との
全部抱きしめて

楽しく見せていただきましたよ


肺がん

ちと
心配だけど

これからも
元気のある
ジジイ
として
LIVE

励んで欲しいですよね


吉田拓郎&かぐや姫 Concert in つま恋 2006
テレビ放送の予定
<NEW>
http://www.takuro-kaguyahime.com/info/index02.html

9月25日(月)NHK総合 21:00〜
番組の中で放送。5分ほどを予定。詳しい時間は未定
プレミアム10(予定)
10月23日(月)NHK総合 22:00〜23:28
今日まで、そして明日から〜時代を拓いた男 吉田拓郎〜
吉田拓郎&かぐや姫 in つま恋2006・総集編
10月29日(日)NHKBS2 15:00〜17:00(前編)19:30〜21:30(後編)(予定)

03_01_02.jpg


im20060923NN000Y3612309200613.jpg
つま恋で開かれた野外コンサートで熱唱する吉田拓郎さん(左端)とかぐや姫のメンバーら=23日、静岡県掛川市〔共同〕

こうせつだけが
昔と
ほとんど
変化無し
ですね



人気blogランキングに参加してます。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへbanner_04.gif


音楽が好き HOME TOPは、こちらから








posted by カルマ馬場高田 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | フォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

うそでも わたしは背をむける

banner_04.gif

僕にとってユーミンは常に2歩も3歩も先を行く憧れのお姉さんでした。(あっ今もそうですけどね。)
1982年 6月に始まった 東京FMの「サタデーアドベンチャー」で、のたまうユーミンの言葉の一つ一つが、僕の人生の指標・・・となっていたと言っても過言ではありません。

当時、年齢的には世間で言う所の大人になっていたはずの僕なのですが、ユーミン先生の言葉の前では何時もヘニョヘニョ

ハハー、仰せのとおり
特にね〜恋愛関係がね〜〜
男の僕には非常に難解な女性心理の大先生でした。
(今も解ってません)

そんな僕がユーミンの曲を初めて聴いたのは中学2年生の時でした。
クラスでゴタゴタがあって、仲良くしていた女友達が1週間ほど学校を休み、
僕は、かなりブルーになっていました。
それを見かねたのでしょう、さほど仲の良くなかった級友がユーミンのアルバムを無理やり貸してくれたのです。

当時の僕はBEATLSに傾倒していて、日本人の曲など・・・
と馬鹿にして
拓郎も陽水も聴いていませんでした。

貸してくれたのは
「ひこうき雲」
1.013.gif

鳥肌が立ちました。
その週末には町のレコード店でユーミンのアルバムを購入しました。

一番のお気に入りの曲は、
その日の気分でも変わってしまうのですが
本日は、これです
「潮風にちぎれて」
1.012.gif

泳ぐにはまだはやい
よせ来る波 くるぶしまで
あなたの好きな このサンダル
なぜはいてきたんだろう

砂浜にうちよせた
木ぎれひろい 沖へ投げた
あなたと歩いた年月を
けちらしてみたかった

  なぜ泣けないのかな
  ひどく淋しいのに

吹きすさぶ潮風に
あなたは息を止めていた
かわいい彼女のこと
これから自由に愛しなさいよ

国道に止まってる
小さな車 指さして
うそでも わたしは背をむける
恋人が待ってると

  今ふりむいたなら
  心くじけるから

吹きすさぶ潮風に
わたしは まぶたを閉じていた
あなたと来なくたって
わたしはもとから この海が好き


この曲が出たばかりの頃は

気丈なお姉さんが好きじゃ〜〜〜!

状態でしたが

今では、この詞の中の女性が
とっても可愛らしく思えてしまう
オジサンの
カルマ馬場高田でした。あせあせ(飛び散る汗)
では、またね。

参考サイト
趣味のユーミン
http://www.s-ichi.com/ym/

YUMING SOUND LIBRARY
http://www.toshiba-emi.co.jp/yuming/


人気blogランキングに参加してます。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへbanner_04.gif


音楽が好き HOME TOPは、こちらから



posted by カルマ馬場高田 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | J−POP's | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。